みえのお肉に注目!

その味のすばらしさから “肉の芸術品”と称される松阪牛は、三重が全国に、そして世界に誇る銘柄牛です。「この世界ブランドに続け!」と、三重の豊かな自然のなかで、すばらしい畜産銘柄の数々が育まれています。

世界のブランド 松阪牛

優れた資質と行き届いた飼養管理で、日本一の肉牛と認められる松阪牛。その味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国、世界から賞賛を得ています。

松阪牛の定義は?

松阪牛とは、三重県の松阪市を中心とする指定区域および旧松阪肉牛生産者の会会員が、全国の産地から厳選し、「松阪牛個体識別管理システム」に登録した優良素牛に、生産農家自家配合の良質な飼料を与え、長期間肥育した黒毛和種の未経産雌牛にのみ与えられる称号です。

松阪牛の歴史

古来、温順な性格と役用能力が高く評価されていた但馬牛は、江戸時代には近畿一円で使われるようになります。
この時代、牛といえば田畑を耕したり荷を運んだりする使役牛のことで、よく働く牛は農家の宝物とされていました。松阪地方へは紀州で1~2年、役利用を兼ねて育てられた牛が運ばれ、温暖な気候や澄んだ水、豊富な山草などに恵まれてりっぱに成長していきました。
肉牛生産を意識した肥育が松阪周辺で始まったのは、牛の需要が増大した日露戦争のころです。農耕用として3~4年使うと「野上がり牛」として、麦・米ぬか・わらなどを与えて「太牛」に育てるようになりました。
素牛としての但馬牛が優れた資質をもっていたことで、松阪地方で肥育された太牛も良質肉牛として市場で歓迎され、その後も農家の努力で松阪地方の牛はその評価を高めていきました。
1935年(昭和10年)、東京で開かれた初めての全国肉牛品評会「全国肉用畜産博覧会」で、並みいる銘柄牛のなかで堂々、名誉賞を獲得。松阪牛の名を一気に全国に広めていったのです。

手塩にかけ育てられる松阪牛

全国の産地から厳選した生後7か月から8か月の雌を導入し、長期間、農家が1頭1頭、手塩にかけ育てあげます。えさは、稲わら、ふすま、大豆粕、大麦など自家配合したものを与えます。牛の血行をよくし、皮下脂肪をまんべんなくつけるためにマッサージなどをおこなうこともあります。

トレーサビリティをいち早く導入

松阪牛の生産から出荷までのデータを一元管理し、その情報を公開する「松阪牛個体識別管理システム」を2002年、全国に先駆けて導入しました。
牛の個体情報(個体識別番号、出生地、飼育場所、牛の写真、名前など)や農家情報などを、牛肉に添付された「松阪牛シール」の個体識別番号から検索し、確認することができます。

女王の座を競う共進会

毎年11月に開かれる松阪肉牛共進会は、その年の松阪牛のチャンピオンを決める品評会です。
第1回の開催は1949年(昭和24年)。回を重ねるごとに農家の肥育技術が向上し、りっぱな牛が多数出品されるようになりました。現在は、予選会を勝ち抜いた牛のみが出品されます。
あわせて開かれるせり市では、毎年、高値をつけ、確固たる評価を得ています。
2002年(平成14年)の第53回共進会では、優秀賞一席の牛が史上最高の約5,000万円でせり落とされました。

ページ上部へ

肉の横綱 伊賀牛

伊賀忍者の里として知られる伊賀地方。盆地特有の気候・風土と長い歴史がつくりあげた伊賀牛は、「肉色鮮やか初霜の如し 食して柔らかく風味よし」とうたわれ、松阪牛と並び称される銘柄牛です。

ルーツは伊賀忍者?

鎌倉時代末期より和牛は役利用され、牛の産地として1310年の『国牛十図』に、大和牛として伊賀牛は記されています。食肉としては、伊賀忍者が牛の肉を乾燥させ保存食として携帯していたと伝えられ、この忍者の干し肉が伊賀牛のルーツともいわれています。
日露戦争後の1905年(明治38年)、伊賀から東京へ初めて肉牛を出荷。以降、肉牛の積み荷は年々増え、伊賀牛の名声もしだいに高まり、現在の伊賀牛の基礎を築きます。
昭和初期から同20年代にかけては、気候や水に恵まれた伊賀の土地で肉牛の素牛として育てられ、松阪や近江方面に出荷されていました。

美しい自然の里で育まれる伊賀牛

伊賀地域は四方を山に囲まれた盆地で、昼夜の気温差や布引山脈の良質な水などの条件が牛の肥育に適しています。
子牛は兵庫や岩手、岐阜、九州各地から導入し、約2年間、農家が丹精して育てあげます。全頭、厳選した血統の黒毛和種の未経産雌牛であることなど、銘柄の定義は松阪牛とほぼ同じ厳格なものとなっています。

牛舎で一頭まるごと取引

伊賀地域は牛肉の消費量が多いところで、伊賀牛も地元消費がほとんど。
伊賀牛の大きな特色が生体取引です。精肉店や家畜商は、枝肉の状態で買うのではなく、牛1頭を生きたままの状態で買うというもの。購買者みずから肥育農家の牛舎まで出向き、一頭一頭吟味のうえ買いつけます。
流通経路が明確であることはもちろん、販売する牛肉が、どんな環境で、どんなえさを食べて、どのように育った牛なのかを販売店で把握でき、安全で安心な牛肉を消費者に届けることができるのです。
また、年に数回、多数の伊賀牛を集めてせり市を開きます。なかでも秋のせり市では、あわせて共進会も開催し、その年のチャンピオン牛を決定します。

本物の証

巻き物をかたどった伊賀牛認定店看板は、直接、牛舎まで出向いて伊賀牛を買いつける販売店にのみ与えられるものです。JA、全農などで構成する伊賀産肉牛生産振興協議会が認定し、良質な伊賀牛の販売振興に努めています。お買い求めの際は、この認定看板が目印です。

ページ上部へ

ひみつはα-リノレン酸と木酢酸 みえ豚

三重から全国に発信するとびきりおいしい豚肉をつくろうと、「伊賀豚」「松阪豚」「鈴鹿高原豚」の県内3銘柄豚の生産者が結集し、2002年、統一ブランド「みえ豚」が誕生しました。
血中コレステロールを下げる効果があるとされるα-リノレン酸を多く含み、木酢酸効果で豚肉の臭みが少なく、やわらかいのが自慢です。

おいしさのひみつ

みえ豚は、こんないいものをえさといっしょに食べて育ちます。

アマニ

アマニは、アマ科の植物の種子で、α-リノレン酸が多く含まれています。血中コレステロールの低下、血栓を解消し血液の流れをよくする効果があるとされます。また、血圧の降下、大脳・神経・網膜の機能維持のほか、皮ふを正常に保つ機能もあるのでアトピー性皮膚炎にもいいといわれます。みえ豚には、このα-リノレン酸が多く含まれています。

木酢酸

木酢酸は、広葉樹の樹液と木酢を活性炭に混ぜたもの。活性炭の脱臭効果で豚肉の臭みを抑えます。また、豚は早く大きくなるように高カロリー・高たんぱくのえさを食べるため、体質が酸性過多になりがちです。それを、アルカリの酢(木酢酸)が中和する働きがあります。

みえ豚の母子手帳

ページ上部へ

全国にはばたく三重の銘柄鶏 伊勢赤どり

三重県を代表する銘柄鶏として、県内各地の農場で育てられています。伊勢赤どりの商品は、このマークが目印です。

ワンランク上の鶏肉を

一般のブロイラーよりワンランク上の鶏肉をつくろうと、レッドブローという赤鶏を導入し、開発したのが「伊勢赤どり」。銘柄鶏として全国の先駆けとなりました。

おいしさへのこだわり

三重県内の限定された生産者が、みなさまに安心して食べていただける鶏肉をつくるため、飼料には肉の臭みを抑えるといわれる木酢酸を加え、日々、鶏の健康状態に注意しながら、「おいしくなれよ!」と愛情込めて大切に育てています。