みえの米じまん!

あなたに味わってほしい 三重が誇るおいしいお米

三重を代表するお米をご紹介します。ぜひ味わっていただきたい自信作ばかりです。

三重のコシヒカリ

本県を代表する銘柄米。中勢・南勢地域を中心に県内全域で広く栽培し、8月末ごろ収穫します。良質でかむほどに甘みが増し、冷めてもおいしくいただける食味のよいお米です。

伊賀米

三重県の北西部に位置する伊賀地方は、肥よくな土壌と昼夜の気温差が大きいことから、良質米の産地として知られています。本県の中山間地域の基幹品種としてこの地域を中心に栽培し、品質・食味ともに優れた良質米として評価の高いお米です。

結びの神(三重23号)

2012年デビューの三重のあじわい米。本県で開発した新品種「三重23号」のうち、品質基準を満たすものを「結びの神」の名称で販売しています。粒が大きく、食味良好で、噛むともっちりとした食感が特徴です。

みえのえみ

 「品質がよく食味のよい早生品種」――こんなお米を目標に掲げ、三重県で開発した品種です。「ひとめぼれ」を父に、コシヒカリ系統の「山形41号」を母にもち、それぞれの長所を受け継ぎました。甘み・ねばり・光沢の3拍子そろった良質のお米です。

みえのゆめ

作期分散をはかるため、ヤマヒカリにかわる品種として三重県で育成しました。品質・食味に優れた“食卓に夢を運ぶ”三重のお米です。