伊勢茶いろいろ

煎茶

県内全域で生産される茶です。

かぶせ茶

北勢地域で生産がさかんな茶です。
黒いネットなどで茶の樹を覆い、直射日光を遮って柔らかな葉に育てた高級茶。渋みが抑えられ、うまみ成分が多いので、まろやかな味わいとなります。玉露とほぼ同じ栽培方法ですが、覆う期間は玉露より短めです。

深蒸し煎茶

南勢地域で多く生産されている茶です。
製法は煎茶とほぼ同じですが、茶葉の蒸し時間を煎茶の倍以上かけてつくるお茶。渋みが少なく、香り豊かに仕上がります。

お茶の用語辞典

【一番茶】と【二番茶】

一番茶は、その年の初めての新芽を刈り取ったもので、一級品となります。二番茶は、その後伸びてきた芽で、6月下旬ごろに刈り取ります。

【荒茶】と【仕上茶】

農家が生葉から生産する茶で、荒もみをしたもの。これを買い入れた茶商社などの仕上げ加工業者が、さらに選別や火入れ乾燥といった仕上げ加工をした茶を仕上茶と呼びます。