ニュース・トピックス

2016年01月18日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

「JA全農杯チビリンピック2016小学生8人制サッカーIN東海」を開きました

「JA全農杯チビリンピック2016小学生8人制サッカー全国決勝大会」への出場をかけた、東海地区大会を1月16日・17日の両日、愛知県の豊田市運動公園陸上競技場で開きました。

JA全農は、この大会に特別協賛し、サッカー少年・少女たちの夢を応援しています。東海大会には、静岡、愛知、岐阜、三重の各県の代表16チームが参加。三重県からは、「大山田SSS」「久居栗葉SS」「IFCうりぼう上野’95」「津田FC」の4チームが出場しました。

初日は、グループリーグ戦を行い、各グループの1位チームが2日目最終日の決勝トーナメントに進みました。白熱した闘いを繰り広げた決勝戦は、愛知県の「名古屋グランパス・三好」が静岡県の「Honda FC」に2-0で勝利し、初の全国大会の切符を手にしました(写真・上段右)。三重県から出場した大山田SSSは、第3位に入賞しました。

副賞や参加賞として、4県の経済連・全農県本部から特産品を贈呈。JA全農みえからは、「三重いちご」「三重県産ポンカン」「伊勢茶ペットボトル」を贈りました。

全国9地区の優勝チームが集まる全国決勝大会は、5月3日~5日に神奈川県横浜市の日産スタジアムなどで開かれ、8人制サッカー日本一を決定します。