ニュース・トピックス

2016年02月17日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

農機自己簡易点検研修会を開きました

JA全農みえ農業機械課は、大型コンバインを使用する担い手農家を対象に自己簡易点検研修会を県内2か所で開きました。2月15日はJAみえきた四日市農機センター、16日はJA松阪西部農機センターを会場に、担い手農家やJA、メーカー、全農みえ関係者のべ約100人が参加しました。

使用者が農機のセルフメンテナンスを実施することで、維持管理費やシーズン中のトラブルを低減し、安心して末永く安全に使用してもらうため、「農業機械安心プラス運動」の一環で開いたもの。2015年7月に自己簡易修理の内容で開き、今回は本年度第2回の研修会となります。

研修会冒頭、参加者全員に農機での農作業事故や農機盗難被害の注意喚起を行いました。このあと、クボタ、ヤンマー各コースに分かれ、エンジン、刈り取り、脱穀各部などの点検・調整や部品交換の方法を、大型コンバイン実機を使って研修しました。参加者からは具体的な質問が多くあり、熱心に取り組んでいました。