ニュース・トピックス

2017年07月05日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

「三重いちご」「三重トマト」共進会の表彰式を開きました

三重県園芸振興協会(事務局=JA全農みえ営農対策部)は、6月20日に「第30回三重県いちご共進会」、7月4日に「第7回三重県トマトほ場共進会」の各表彰式を開きました。

農林水産大臣賞に輝いた久保貴典さん(イチゴ、JA多気郡)、水谷均さん(トマト、JAみえきた)をはじめ、各部門の特別賞、奨励賞の入賞者計35人を表彰しました。

イチゴについては、主力品種の「章姫」「かおり野」とも栽培経験を積み重ねてきて、出品物の差は年々小さくなってきており、特に果実の食味評価が高かったと講評がありました。トマトについては、入賞ほ場は管理が行き届いており、不安定な気象条件下にもかかわらず、安定した栽培がなされている点が評価されました。

各表彰式のあとは、高品質・多収をめざす栽培管理をテーマとした講演や、農業生産工程管理(GAP)の取り組み、CO2施用についての情報提供などの内容で研修会を開きました。

イチゴの部・大臣賞の久保さんの内容を表示

イチゴの部・大臣賞の久保さん

トマトの部・大臣賞の水谷さんの内容を表示

トマトの部・大臣賞の水谷さん