ニュース・トピックス

2018年01月22日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

三重で「おむすびの日」PRイベントを行いました

1月17日の「おむすびの日」にあわせ、米・ごはんの大切さを伝えるため、みえの米ブランド化推進会議(事務局=JA全農みえ米穀課)は、「おむすびの日 県産米を食べよう!」PRイベントを行いました。

JA三重ビルや県庁の食堂では、三重県で開発されたブランド米「結びの神」などの県産米を使ったおむすびや、セットメニューを提供しました。県内のAコープやスーパーでも、のぼり・POPの掲出やおむすびの販売を行い、「おむすびの日」と三重県産米をPRしました。

同会議では、お米・ごはんの重要性や、人と人の結びつき、心のつながりの大切さを再認識してもらうため、2015年から「おむすびの日」PRイベントを行い、今年で4回目。「おむすびの日」の認知度向上と、三重県産米の消費拡大につなげるため、この取り組みを今後も継続していきます。

「おむすびの日」は、1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災で、多くの被災者がボランティアによる炊き出しのおむすびで励まされたことから、米・ごはんの重要性を再認識し、ボランティアの善意を忘れないため、「ごはんを食べよう国民運動推進協議会(事務局=兵庫県)」が定め、2000年に日本記念日協会に登録されました。

「おむすびの日」チラシpdf[2.8 MB]

JA三重ビル食堂「レストランみずほ」の内容を表示

JA三重ビル食堂「レストランみずほ」

県庁食堂の内容を表示

県庁食堂

手づくりおむすび販売(Aコープくす店)の内容を表示

手づくりおむすび販売(Aコープくす店)

おむすびを買い求めるお客様(Aコープくす店)の内容を表示

おむすびを買い求めるお客様(Aコープくす店)

ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるにはアドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない場合は、左の”Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。