ニュース・トピックス

2018年04月16日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

優勝選手に三重県産コシヒカリを贈りました

JA全農みえは、JAPANゴルフツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ2018」で優勝した重永亜斗夢選手に、副賞の三重県産コシヒカリ600キログラムを贈りました。

本県本部から県産米を贈呈するのは13回目。大会最終日の表彰式で、谷口俊二運営委員会会長が、目録に代えて米俵を重永選手に手渡しました。

大会は、東建コーポレーション株式会社が主催、三重県などが後援して行う男子ゴルフトーナメント。第26回の本大会は4月12日から15日にかけて、桑名市の東建多度カントリークラブ名古屋で予選・決勝ラウンドが行われ、トッププロら132選手が出場しました。

本県本部は、県産品の贈呈を通じて、県内で開かれるスポーツイベントを応援するとともに、選手や多くのギャラリーなどにPRし、県産品の認知度向上と消費拡大につなげます。