ニュース・トピックス

2018年04月25日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

三重県肥料農薬委員会を開きました

三重県肥料農薬委員会(事務局=JA全農みえ肥料農薬課)を4月24日、津市のJA三重健保会館で開き、JA委員、全農関係者20人が出席しました。

2018年6月から10月の秋肥の価格交渉経過と結果を報告。国際市況の上昇など原材料コストの上昇圧力が強まるなか、直近の為替動向の反映や製造諸経費などについては、メーカー努力で最大限吸収することを求めて粘り強く交渉し、値上げ幅を圧縮したことなどを報告しました。

「平成30肥料年度営農相談・肥料協同購入運動」の基本要領・取扱要領、土壌分析実施要領などを説明。肥料の新たな共同購入運動の取り組みについては、さらなる肥料価格水準の引き下げをはかるため、集約銘柄や実施期間を拡充して取り組みを強化することとし、JAグループのいっそうの結集を確認し合いました。