ニュース・トピックス

2018年07月06日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

JA全農みえ夏季肉牛枝肉共励会を開きました

JA全農みえと株式会社JA全農みえミートは7月2日、松阪市の本県本部松阪食肉センターで夏季肉牛枝肉共励会を開きました。

「松阪牛」や「伊賀牛」などの本県産銘柄牛を中心に、黒毛和種雌73頭の出品がありました。

審査の結果、最優秀賞にJA鈴鹿のなかお畜産株式会社が輝きました(写真)。きめ細かなサシ(脂肪交雑)や、やわらかく上質な脂肪など、「特産松阪牛」の特徴をよく引き出していることが評価されました。

せりでは、最優秀賞牛に510万3054円(税込)の最高値がつき、平均183万3299円(税込)で取引されました。

共励会入賞者は次のみなさまです(敬称略、かっこ内はJA名)。

▽最優秀賞=なかお畜産株式会社(鈴鹿)
▽優秀賞1席=藤原浩(多気郡)
▽同2席=加藤勝利(みえきた)
▽同3席=野呂光司(多気郡)
▽同4席=西村泰三(多気郡)
▽同5席=株式会社一本松畜産組合(鈴鹿)
▽同6席=小林秀樹(伊勢)