ニュース・トピックス

2018年10月10日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

TAC・担い手対応担当者研修会と会議を開きました

TAC・担い手対応担当者のスキルアップをはかるため、JA全農みえ営農対策課は9月26日、津市のJA全農みえ肥薬センターで肥料・農薬の商品知識を深める研修会を開き、17人が参加しました。

メーカー9社から、低コスト型一発タイプの肥料や、水稲・大豆向け除草剤・殺虫剤の新商品などについて、特長や担い手への提案方法をほ場での試験結果をまじえて紹介しました。肥料・農薬は、担い手農家との接点となる重要な品目とあって、参加者は熱心に聴講していました。

このあと、TAC・担い手対応担当者による会議を開き、訪問活動の報告や各JAの取り組みなどについて意見交換を行いました。