ニュース・トピックス

2019年03月05日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

露地・施設野菜栽培実践研修会(キャベツ第2回)を開きました

JA全農みえ営農対策部は2月1日、津市の株式会社JAアグリサポートだいちなどで露地・施設野菜栽培実践研修会を開きました。JAや普及センターなどから12人が参加しました。

県域で水平展開する園芸生産振興品目の栽培技術の習得で、営農指導力を強化し、各品目の生産性向上や産地振興につなげようと、昨年度から開催しています。

今回はキャベツ第2回。参加者は、同社のほ場で鉄コンテナを用いた加工用キャベツの効率的な収穫作業を実践的に学びました。

座学では、加工業務向け野菜を中心とした販売流通の流れや近年の情勢、露地野菜の普及推進活動方法についての講義を聴きました。

参加者からは、「実際に作業をやって生産者の苦労や大変さが分かり、現場の感覚を学べた」「生産者に作付け提案するにあたっての考え方や心構えを学び、今後の推進活動で役立てたい」などの声が寄せられました。