ニュース・トピックス

2019年10月28日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

JGAP認証「美杉清流米」PRイベントを開きました

消費者へのGAP(農業生産工程管理)の認知度向上をねらいに10月26日、鈴鹿市のマルヤス西条店でGAP認証農産物のPRイベントを開きました。

東海地域で初めて米のJGAP団体認証を取得した美杉清流米部会の生産者やJA三重中央、県、JA全農みえの関係者10人が参加。店頭で、同部会が生産する「美杉清流米」の試食・販売やチラシ配布、パネル展示などを行い、GAPの取り組みを紹介しました。

「美杉清流米」は、津市美杉町内で、化学肥料を一切使用せず、農薬を減らして(一般的な栽培の5割減)栽培されたお米で、品種はコシヒカリです。部会員20人が約23ヘクタールの水田で栽培しています。