ニュース・トピックス

2020年06月05日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

2020年度「TACアグリビジネススクール」を開講しました

2020年度の「TACアグリビジネススクール」を開講しました。

本講習会は、営農に関する知識の習得や事例の共有をはかるため、担い手農家やJAのTAC・担い手対応担当者などを対象に、テレビ会議システムを利用して、東京の全農本所と各県本部などを結んで開催します。

6月3日に、販売強化をテーマとする第1回講習会を開き、全国31か所で計271人が参加。このうち三重県では、JA三重ビルで6人が受講しました。

実需者・お客さま目線での販売事業、ブロッコリーの流通情勢と取り組みの各講義、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている生産者への情報提供として、収入保険制度の紹介を行いました。

講習会は全10回で、今後、省力・低コスト資材、技術情報、労務管理、農業情勢、会計・税務、労働力支援などのテーマを予定し、ニーズに合った内容で情報提供していくこととしています。県域事務局のJA全農みえ営農対策課では、適切な感染症予防対策を講じて開催していきます。