ニュース・トピックス

2020年07月08日

全国農業協同組合連合会三重県本部(JA全農みえ)

JA全農みえ夏季肉牛枝肉共励会を開きました

JA全農みえと株式会社JA全農みえミートは7月6日、松阪市の本県本部松阪食肉センターで夏季肉牛枝肉共励会を開催。「松阪牛」や「伊賀牛」などの県産銘柄牛を中心に、黒毛和種雌64頭の出品がありました。

審査の結果、最優秀賞にJA鈴鹿のなかお畜産株式会社が輝きました。きめ細かなサシ(脂肪交雑)や、やわらかく上質な脂肪など、「特産松阪牛」の特徴をよく引き出していることが評価されました。

せりには購買者が多数参加し、マスク着用や手指消毒、密の回避などの感染防止対策を徹底して行いました。最高値は最優秀賞牛の426万600円(税込)、平均価格は145万5023円(税込)と前年より2割近くの下落となり、長期化する新型コロナウイルスの影響を反映した相場となりました。

共励会入賞者は次のみなさまです(敬称略)。おめでとうございます。
なお、今回の褒賞授与式は、3密回避の観点から中止としました。

▽最優秀賞=なかお畜産株式会社(JA鈴鹿)
▽優秀賞1席=小林秀樹(JA伊勢)
▽同2席=吉田行良(JA多気郡)
▽同3席=株式会社一本松畜産組合(JA鈴鹿)
▽同4席=西村タカヨ(JA多気郡)
▽同5席=岡本有喜(JA多気郡)
▽同6席=清水一樹(JAみえきた)